[PR]難聴に悩んでいるなら補聴器を付けよう
専門店をcheck☆

[PR]補聴器販売店を大公開☆
聞こえにくさを解消しよう

補聴器ってどんなの?知っておきたい特徴と仕組み

医者

音が聞こえる仕組み

各地の販売店にある補聴器は、マイクロホン、小型拡声器、シリコン製やアクリル製のイヤモールド、電池で構成されています。販売店で置いている補聴器は基本的に小型幅装置となります。種類によって聞こえる範囲が異なり、自分の聴力に合わせた選定が必要です。比較的軽い難聴に多くみられる小さいな音が拾いきれない、何度も聞き返すことが多いなどは、RIC型の補聴器を、中等度や重度の軟調は、耳穴タイプの補聴器が選ばれています。

機能が違う

本人の聴力に合わせて作るオーダーメイドタイプは、耳穴型タイプの補聴器が持つメリットです。聴力に合わせて作るので聞こえづらかったり逆に聞こえすぎたりなどの不具合がありません。CICの補聴器は、とても小さいので人に気づかれることはあまりないでしょう。症状の重さ関係なく装着できるのが最大の特徴です。使いやすさでいえば、カナルタイプがしっくりくるでしょう。王道スタイルでよく選ばれています。フルサイズタイプは、症状が重い難聴に適したものです。幅広いところから音が拾えるので、装着した瞬間感動します。耳かけ型の補聴器は、耳にかけて装着するタイプで手頃で扱いやすいのが自慢です。機能や種類が豊富で、自分に合う補聴器を見つけやすいです。一目に付きやすいのが欠点でも、周囲はそこまで気にしていません。RIC型は、補聴器からレシーバーを分離させて小型化を実現した最新補聴器です。音をよく拾ってくれる他、自然に音が入る仕組みなので、閉塞感はほとんど感じません。

新着情報

難聴に悩んでいる

補聴器

耳に補聴器が装着されるまでの詳しい流れを知ろう

補聴器を購入するまでの流れについて記されています。補聴器の購入自体が初めてという人は参考になるでしょう。

READ MORE
メンズ

補聴器を買うなら信頼できる販売店が安心できる

どこの販売店に行けばいいのかわからない人のために、失敗しない探し方について紹介しています。販売店選びで何度か失敗している人にも教えたい情報満載ですよ。

READ MORE

補聴器のメリットがよくわかる口コミ

小さい音が拾えるようになった

耳鼻科で軽度の軟調だと宣告され、途方に暮れていましたが補聴器で何とかカバーできるよと励まされました。私の場合は、CICタイプの補聴器を使っていますが、小さい音も問題なく拾えています。前まで友達や家族と話をしている最中、何度も聞き返したりしてたので、補聴器はとても助かります。聞き返すこともなくなり、快適ですよ。

違和感がない

補聴器なんて初めてつけるから、最初違和感がないか心配でした。でも、耳にかけるタイプは大きさも丁度よくてつけても違和感はそこまで感じません。耳の後ろは汗をかく場所なので手入れしなければならないけど、一目につく以外に嫌だなぁと思うことは少ないです。

目立たないのがいい

私が現在使っているのは、形が小さい耳穴型の補聴器です。音を拾うのはかなり優秀だと思います。聞こえ方も違和感ないし、今の買い替える気はありません。形も小さいので、目立たないのがいいですね。ただ、電池式なので取り替えるのが少々大変かも。それを抜きにしたら絶対耳型の補聴器です。

汗に強い機種を使っています

耳にかける補聴器を使っていますが、汗が心配で夏場は別の補聴器を利用していました。最近のは汗に強いものまで出ているんですね。耳かけの補聴器は結構お気に入りなので、夏場も汗を気にせず装着できるのは助かりますね。種類も多いし、選ぶのが楽しそうです。

聞こえるって幸せ!

難聴って思ったほど辛いんです。音が拾いにくいし、大勢で喋ると聞き取りづらい時があって会話の輪から外れたり。補聴器にする選択肢は頭にあったけど、何となく避けてました。でも、販売店で実際に装着してみたらよく聞こえる!これには感動して泣いちゃいました(笑)もっと早く買っとけばよかった…。

広告募集中