耳に補聴器が装着されるまでの詳しい流れを知ろう

初めて補聴器を購入する場合

耳が聞こえづらいとの理由で、販売店へ訪れる方もいますが、詳しい検査をしなければ難聴かどうか判断するのが難しくなります。購入する前にまずは耳に詳しい専門医の元で検査をしましょう。

耳に補聴器が装着されるまでの詳しい流れを知ろう

補聴器

医師から難聴と言われたらカウンセリング

耳の聞こえ方には個人差があるので、補聴器を購入する際は必ずカウンセリングをします。この時に、補聴器の必要性を調べますが、先に耳鼻科に行って補聴器が必要かどうか判断を仰いでもいいです。

聞こえ方を調べる

どの程度音が耳に入っているのかを調べます。正確に知るためには、新しい機器を使用する必要があります。補聴器を専門にする販売店なら、聴力を正しく測れるでしょう。

実際に補聴器を選ぶ

カウンセリングや聞こえ方のチェックをした後、いよいよ補聴器選びを行ないます。数ある中から、自分の耳にフィットするものや、聞こえ方などをみながら探していきます。スタッフに声をかければ、要望に沿った補聴器を提案してくれます。

実際に装着する

形や機能性が高くても、聞こえが悪かったら補聴器の役割を果たせません。そのため、選んだ補聴器を到着して聞こえ具合や雑音の有無を確かめる必要があります。ほとんどの販売店は装着無料なので、納得のいく商品と出会えるまで何度もつけてみましょう。

広告募集中